食品リサイクル法完全対応、生ゴミ処理コスト削減、ニオイの問題などを解決します

e食品循環からのお知らせ

加熱水蒸気ガスを利用した乾燥システム

2016年3月29日 13:27

新しい処理方式です。       

加熱水蒸気ガスの技術を独自に開発して、生ごみ等色々な物を乾燥します。  

見学時の処理物は豚骨ガラ。通常の重油バーナ仕様の乾燥機で4時間かか

る乾燥処理を1時間弱の時間で乾燥していました。

加熱水蒸気発生システムは完成していますが、多様な処理物に対応した乾燥

システムの構築はこれからです。

既に使用している乾燥機の熱源を加熱水蒸気システムに切り替えられるとラン

ニングコストのダウンに繋がります。

 

キャプチャ222.PNG

消滅型生ゴミ処理機の設置

2016年3月25日 13:23

埼玉県内の大手印刷会社                 

社員食堂の、調理屑と食べ残し残渣処理。       

同型の機種(35Kg/日)が17年間稼動していました。 

今回は同一機種の入れ替えでした。

厨房内の一角に設置、生ごみが出たらその場で投入しています。  

  

キャプチャ111.PNG

生ごみ処理機の設置

2015年12月10日 10:58

キャプチャ12.PNG

栃木県足利市の老人ホームです。   

堆肥型の30Kg機を設置しました。

古い機種との入れ替えです。 

前機種も堆肥型でした。

残渣で野菜を作り食材の一部として活用しています。

生ごみ処理機の見学会

2015年9月 9日 10:52

キャプチャ11.PNG

生ごみ処理機は高い買い物です。

導入前に稼動状況を確認する事が大切です。

運転状況や臭気など気になる事を実機を見てご確認ください。

この日は、堆肥型の生ごみ処理機の見学でした。

百聞は一見に如かずです。

 

生ごみ堆肥の二次発酵②

2015年7月23日 16:00

秋・冬野菜用の堆肥作りを始めました。 生ごみ処理機から取り出した残渣に、米糠と籾殻、豚骨粉を混ぜ合わせ(今回は各々1対1の割合)、含水率調整の水に木酢液を50倍程度に薄めて散水。木酢液の効果は、発酵促進と消臭効果、更には虫対策です。(ハエ一匹も近寄りません。) ポリ袋を被せているのは、乾燥防止対策です。この状態で1ヶ月近く発酵が続いています。発酵温度は45℃位、放線菌?の白カビがびっしり生えています。温度が下るまでもう少し。丸い穴は空気を取り込む為に空けてみました。

キャプチャ5.PNG

美味しい野菜ができました!

2015年6月20日 15:01

会社の緑地帯を実験菜園として野菜作りをしています。

生ごみ堆肥で作った夏野菜が収穫の季節となりました。

胡瓜、茄子、ピーマン、獅子唐、オクラ、トマト、トウモロコシ、パプリカと今年は沢山の種類に挑戦しました。

素人で見よう見まねです。植える時に生ごみ堆肥を入れるだけで、後は自然に任せて。

結構甘くて美味しい野菜が収穫できます。

 

キャプチャ2.PNG

破砕機とジャンボックスのセット

2015年5月30日 15:57

野菜屑の破砕機です。    

破砕作業を効率よくできます。   

ジャンボックスはキャスター付で簡単に移動できます。   

生ごみ処理機へはリフターを使って投入します。 

キャプチャ3.PNG

生ごみ堆肥の二次発酵

2015年4月13日 15:54

生ごみ処理機から取り出した一次発酵残渣の二次発酵の仕方を纏めてみました。 

ご希望の方にはお送りしますのでメールください。  

堆肥サンプルと一緒にお送りします。      

今回は、プランター用の堆肥として使用する時をテーマにして纏めました。                                               

連絡先は、t-noda@negami.jp 迄。

キャプチャ4.PNG

家庭用生ごみ処理機②

2015年3月20日 12:08

自宅の生ごみ処理機です。       

設置から5年が経ちます。   

毎日調理屑と残飯を処理しています。 

残渣はミニ菜園とプランターの堆肥として活用しています。  

美味しい野菜ときれいな花でとても重宝しています。   

ゴミだしの中から生ごみが無くなると楽ですよ。

 

キャプチャ7.PNG

生ゴミ処理機 ~デモ用~

2015年3月 4日 14:34

日高工場に専用倉庫を新設。そこにデモ用生ゴミ処理機を設置しました。

風雨をしのげて作業やメンテナンスがやりやすくなりました。

 

キャプチャ6.PNG

このページの上へ